日本の中心地!だからこそ難しい東京のお土産

日本の中心地!だからこそ難しい東京のお土産

日本の中心地!だからこそ難しい東京のお土産
どうせ買って帰るなら喜んでもらいたい…

ひと昔、いや、ふた昔前ならば、「東京~」などのネーミングのついた商品を、お土産として買って帰れば喜んで貰えたかも知れませんが、物流や交通の便が発達した現在において「東京~」では、「東京行ってきたんだ!ありがとう。」程度のリアクションで、終わってしまいます。勿論の事ながら、東京に行ってるので、それをチョイスするのは問題ない無い事ですが、折角買って帰るのですからもう少しリアクションが欲しいですよね?では、どうすればそのようなリアクションになるのか、考えてみましょう!

大都市に起こりうる現象

東京と言えば、日本で一位、二位を争うトップクラスの超大都市ですよね?と、言う事はそれだけに色々な物が集結しており、観光からビジネスまで様々です。したがって「東京~」のお土産を貰っても、「仕事で行ったのかな?」と、思われ、リアクションが薄い可能性があります。これが例えば、「沖縄~」「熱海~」「北海道~」などであれば、「旅行に行ってきたの?いいなぁー」と、待ってましたと言わんばかりのリアクションをしてくれる事でしょう!

東京に行ってきました!ではNG

東京の面積は小さいですが、その一つ一つは各都道府県に匹敵するぐらいの魅力を持つ街ばかりです。なので、東京の「何処」に行ってきたのかが、わかるようなお土産をチョイスしてあげれば、貰った側もリアクションに困ることはない事でしょう!極端な例になってしまいますが、海外旅行のお土産でアメリカの国旗を渡され、「アメリカに行ってきました」と、言われたら、「アメリカの何処にいったの?」と、聞き返してしまいますよね?要はそれと同じことで、「東京の何処にいった」まで、わかるお土産を購入するのがベターです。また、逆の使い方でビジネスの場合には、「東京~」をお土産にする事によって、相手にはビジネスで行ったと、それなりに伝える事も可能ですね。

東京の土産と言うと何を思い浮かべるでしょうか。現在東京土産と呼ばれるものは数えきれないぐらいあります。ですが、どんな方にも喜んでもらえるものが探せると言えるでしょう。

No comments.